2021年09月14日

おひさしぶりです!

新型コロナウイルスの影響で活動ができない状況が続いていますが、
岩手県のコロナウィルス緊急事態宣言の前、浄土ヶ浜等の研修・調査に
行ってきました。

今回は、田老学ぶ防災ガイド、三鉄、浄土ヶ浜、魚菜市場、魚市場を
研修・調査してきました。

田老学ぶ防災ガイドでは、田老観光ホテルで撮影された実際の津波の
映像の鑑賞や復興が進んでいる田老の街を見てきました。

IMG_5046.JPG

S__68255753.jpg

津波の恐ろしさを改めて実感でき、「心の中の防潮堤」を高めるいい
機会になりました。

宮古駅前にある、さんてつやさんでは、三陸の特産品がたくさん置い
てありました。
食べ物から衣服まで幅広い種類のお土産があります。
宮古市に来たらぜひ立ち寄ってみてください。

浄土ヶ浜では、浄土ヶ浜ビジターセンター、青の洞窟にお邪魔して
きました。
三陸復興国立公園・三陸ジオパークの中心に位置する浄土ヶ浜は、
宮古の代表的な景勝地です。
透明度が高く、穏やかな波が特徴です。海開き期間は、たくさんの
海水浴客でにぎわいます。

DSC_0237.JPG
S__68247560.jpg

浄土ヶ浜レストハウスでは、浄土ヶ浜の形をしたカレーライスや
浜ラーメン、青の洞窟ソフトなどがあり、
お腹も心もいっぱいになりました。

IMG_3886.JPG

魚菜市場には、魚市場で卸された新鮮な魚がたくさんありました。
生きのいいホタテからの水害には気を付けてください。

DSC_0429.JPG

魚市場では、セリを実際に見てきました。
テレビでやるように大きな声でせらずに、会話をするように意外と
静かにセリが終わることに驚きました。
魚市場にある、食堂では新鮮な魚の定食が食べれるそうです。

宮古市にたくさんの魅力があるということを知る事ができた研修・調査でした。
早くコロナが収まって宮古に皆さんが来てくれればと思います。

 
posted by 観光サークル at 18:42| 日記