2022年02月24日

グループワーク

宮古観光文化交流協会の方を宮古短期大学部にお招きし、「観る・食べる・体験する」の観光要素の3つの観点から沿岸部観光における意見交換とグループワークを行いました。5月と11月に行った宮古市と岩泉町での実地調査でのアンケートデータを元に、メンバーを宮古市と岩泉町の2つのグループに分け、各観光地の滞在時間を延ばすための改善案と新しいコンテンツ、消費を増やすための改善案と新しいコンテンツについて話し合いました。
IMG_5344.jpg
どのような提案が出たのかを少しご紹介します。
まずは、宮古市のグループについてです。魚菜市場にはゲーム形式の販売や解体ショーを行うという案が出ました。三陸鉄道・さんてつやには車掌さん体験や三陸鉄道の歴史を学べる場所を作るという案が出ました。浄土ヶ浜には、海の生き物とふれあえる空間作りや貝殻を使ったものづくり体験などの案などが出ました。

次に岩泉町についてです。ふれあいランド岩泉には、自然を利用した体験としてカヌー体験や割り箸作り体験、岩泉の木を使った体験の企画案が出ました。龍泉洞には、スマートフォンを落としてしまう危険性があることから、スマートフォンを首からぶら下げられるストラップの販売や外国人向けの日本語ツアー、冷たい龍(ドラゴン)ラーメン ブルーを冬でも食べたくなる温かいラーメンにしての提供も行うなどの案などが出ました。
IMG_5346.jpg
各世代に対しての情報発信の方法についても考えました。
20代30代に身近であるInstagramやTwitter、FacebookなどのSNSを活用しての発信やSNSを利用していない方々にも情報が届くように防災無線での発信という案が出ました。うれいら商店街の旅中の発信方法として、定休日などお店の細かな情報が記載されているマップの作成や観光してきた人たちで作り上げるマップの作成の案も出ました。
他にも、フォトコンテストを通じての情報発信、ゲームを通じての情報発信など面白い発信方法の意見が多数挙げられました。
IMG_5351.jpg
今回のグループワークでは、実際の現地調査には参加できなかった学生も含め、活発な話し合いができたと思います。
観光地へ足を運び、ただ楽しんで来るだけでなく、今回のように宮古市と岩泉町の現地調査を振り返り、より良い観光地にするためにはどうしたらよいのか、さまざまな観点から考えることができ、とても有意義な意見交換・グループワークでした。
コロナ禍で思うように活動ができない状況ではありますが、私たち観光サークルでもできる事を見つけ、今後も活動していきたいと思います。
posted by 観光サークル at 12:28| 日記

2021年11月28日

岩泉町訪問

こんにちは!
 最近は風が冷たく、木々は赤く色づいて来ましたね。秋の訪れが感じられる今日この頃です。皆様いかがお過ごしでしょうか?
 岩手県のコロナウイルス緊急事態宣言が解除され、岩手県も少しずつですが観光客や地元の人などで賑わいつつあるように感じます。そこで私たち観光サークル観光協会さんとの現地調査として、岩泉町へ視察・調査へ向かいました。
 今回の目的地は、熊の鼻展望台 龍泉洞 うれいら商店街 道の駅いわいずみ ふれあいらんど岩泉です。
 熊の鼻展望台は、広大な青い海を見渡せる絶景スポットです。果てなく続く地平線に、遠くで悠々と航海する船、岩肌に当たり白く波打つ海。この絶景には息をのんでしまいました。日頃の疲れが飛んで行ってしまうような景色にしばし見惚れていました。

DSC_0016.JPG

DSC_0022.JPG

 岩泉町の観光地といえば龍泉洞ですね。どんな景色が広がっているのだろうか…とワクワクしながら洞窟へ。そこには神秘的な景色が広がっていました。底が見えてしまうほど透明な地底湖。それに青いライトで照らされ、幻想的な雰囲気を醸し出しています。異世界に来てしまったような気持ちが味わえるスポットでした。

IMG_1404.JPG

IMG_1411.JPG

 うれいら商店街は、旧家が残るノスタルジックな雰囲気を味わえる商店街です。昭和時代にタイムスリップしたような気持になれます。私のおすすめは老舗菓子店の志たあめやさんのオリジナルケーキ「たぬきさん」です!昔ながらのケーキの味で、一口食べるとほっこりしてしまいます。中松屋さんの栗絞りも絶品ですね。

DSC_0116.JPG

k.jpg

 道の駅いわいずみでは、岩泉町にちなんだお土産や、地元の人が丹精込めて育てた新鮮な野菜や工芸品が立ち並んでいます。新しくできたイタリアンジェラートカフェ、ViTo×IWAIZUMIでは絶品ジェラートが頂けます。ふれあいらんど岩泉には、オートキャンプ場やコテージ、トレーラハウス、ブルートレインなどの宿泊できる施設や公園がありました。様々な遊具があり、お子様連れのご家族様にはとても人気のスポットです。ブルートレインの中を視察しましたが、銀河鉄道999のような世界観に浸ることができ、これには鉄道マニアもにっこりです。今、キャンプ場を利用したお客様には、スウェーデントーチが無料でプレゼントだそうですよ!

DSC_0180.JPG

DSC_0148.JPG

岩泉町はレジャーもフードも大いに楽しめる素敵なスポットです。ぜひ遊びに行ってみてはいかがでしょうか?

posted by 観光サークル at 11:00| 日記

2021年10月21日

いわて若者カフェミーティング

コロナ禍で、観光サークルの活動は少ない状況ではありますが、活動の様子を少し紹介したいと思います。

10月13日に、いわて若者カフェ・カフェマスターの下向さんを講師として宮古短期大学部にお招きし、観光ルート作成のグループワークを行いました。観光サークルのメンバーを、一泊宿泊プランと日帰りプランの2つのグループに分け、宮古市の観光ルートを作成しました。

cafe01.jpg

一泊プランでは、昼食場所や夕食までの予定、宿泊場所、翌日の食事場所などを考えました。崎山貝塚縄文の森ミュージアムでの縄文時代の地層や縄文体験や魚菜市場でバーベキュー、浄土ヶ浜パークホテルでの宿泊など、宮古市の歴史や食、宿泊まで楽しめる観光ルートを作成しました。一方、日帰りプランでは、昼食場所や夕食までの予定、夕食場所を2カ所ずつ考えました。新鮮な海産物や多くの学生に愛される地元のカフェでの昼食や宮古市が誇る浄土ヶ浜の観光、休暇村でのウォーキング、地酒を楽しめる夕食など、贅沢な観光ルートを作成しました。
グループワークでは、学生間だけでなく、下向さんやめんこいテレビの方、宮古市観光協会の方も巻き込みながら、意見交換が行われていました。グループ内で、持ち合わせている情報の共有や、インターネットを活用して、観光地や食事場所の情報を収集する様子も見られました。短い時間の中でしたが、とても勉強になるグループワークでした。

今回、グループワークに参加し、宮古市の観光地や食事場所などについて、情報を深めたり、新たな情報を収集できたりしたのではないかと感じています。観光サークルのメンバーは、宮古市出身の学生が少ないため、観光ルートを作成するには情報不足な点もありましたが、下向さんや宮古市観光協会の方からのアドバイスで、多くの方に楽しんでいただける観光ルートの作成ができたのではないかと感じています。県内のコロナウイルス感染者がどんどん落ち着いてきているので、今回挙がった観光地や食事場所に足を運んでみたいです。今回このような機会を提供してくれた方々に感謝し、これからも活動していきたいと思います。

cafe02.jpg
posted by 観光サークル at 16:38| 日記